トップ > 人生きもの(じんせいきもの)
人生きもの 大切にしている思い出 ─ こよなく愛しているもの ─ 忘れてはならない辛い経験 ─ それら全てを絹のキャンパスへ描きましょう

「人生きもの」とは

着る人自らがデザインに参加することにより、
本当に着たくなる「きもの」が生まれます。
これにより、世界でも類を見ない日本染織工芸の技術を
次世代へ伝えていくための機会が生まれ、
創り手の新たなエネルギー源となります。

主な創作テーマは心象スケッチ。
身に纏うと強く生きる希望が湧いてくる様な「きもの」が
「人生きもの」なのです。

あなたの想いが、きものになります

・世界に一枚だけのオリジナルきものを作りたい。
・自分の半生をきものに描きたい。
・着ているだけで幸せになる振袖がほしい。
・大切なペットの写真を、そのまま袋帯に描きたい。

きものプロデューサーであり、「人生きもの」考案者である野中育子があなたの想いをお聞きし、ご希望にそった制作方法をご提案致します。「自分でデザインするのは難しい」という方でも大丈夫です。

アンケートやカウンセリングでお客様の心象(心の中のイメージ)を具体的にし、デザインをご提案致します。

お申し込みの流れオーダー可能アイテム

作品例

  • 「21世紀 盛岡の夜景」訪問着

    拡大する
  • 「岩手讃歌」本振袖

    拡大する
  • 「母に捧げる祝衣」色留袖

    拡大する
  • 「御道具」黒留袖

    拡大する

作品の詳細、他作品はこちら
人生きもの作品集

仮オーダーお申込み

旅立ちの人生きもの

「旅立ちの祝い衣」と、「人生きもの」のコンセプトを一体化した「旅立ちの人生きもの」のデザイン、プロデュースも致します。身に纏う方の思い出(大好きな風景、光景、花、品物など)を絹の白生地に友禅で描き、その方の人生、想い、全てを共にして昇っていける様に願いを込めた「自分への最後の贈り物」となる衣裳です。

天寿をまっとうした自分へのご褒美として、準備してみてはいかがでしょうか。

お申し込みの流れオーダー可能アイテム

作品例


  • 「銀河鉄道の夜」 ※一部拡大した写真です

  • 「盛岡の四季」 ※一部拡大した写真です

作品の詳細、他作品はこちら
旅立ちの人生きもの作品集

仮オーダーお申込み

人生きもののこだわり

選び抜いた一級品の生地を使用致します。

世界でも類を見ない、染織工芸の技術を持った日本。しかし、この素晴らしい技術に触れられる機会は残念ながら減る一方です。日本の伝統を大切にし、新しい作品を作り上げる喜びや感動が、お客様と作り手の双方に伝わっていくような作品づくりを心掛けます。

「人生きもの」は、絶対に「きもの」じゃなければいけない!という考えではありません。もちろん「きもの」の事も知っていただきたいですが、伝統ある技術に触れられる機会をもっと作っていきたい、とも思っております。「人生きもの」はハンカチやネクタイ、スカーフなど「きもの」以外の作品づくりもお手伝い致します。

野中育子プロフィール

野中育子

きものプロデューサーとして独立。現在、東京を拠点に創作活動中。資格所持:着付、着方師範、着付士育成師

詳細はこちら

松井誠出版物

  • 無幻

    無幻

    (むげん)

  • 華 艶 舞

    華 艶 舞

    (はな つや まい)
    松井誠
    舞台衣裳集

ページの先頭へ戻る