トップ > 人生きもの(じんせいきもの) > 作品集 > 母に捧げる祝い衣

作品集


人生きもの

岩手讃歌
千の春
母に捧げる祝い衣

旅立ちの人生きもの

銀河鉄道


母に捧げる祝い衣

色紋付留袖模様

妻として、母として、また呉服屋の縁の下の力として父を支えた母。
美しい反物が舞う中で多くの人間を登場させ、母の人生のシーンを描きました。

母の嫁いだ呉服店は、大きな川を渡った先にありました。
祝福され、大橋を渡るお嫁入りの場面です。

やがて娘が生まれます。
姉妹の七五三。

その後、姉妹は三姉妹となり、男児も誕生。
4兄弟となりました。

父が経営する呉服店の風景です。
父母の周りにはいつも人が集まり、和気藹々としておりました。

やがて、多くの孫に囲まれ・・・

最後に二人で旅行した時に撮影した写真を、そのまま描きました。
りんごの樹の下で二人の笑顔が咲いています。

母として、妻として。
女性として常に尊敬する存在です。
感謝の気持ちを裾裏に表現いたしました。

野中育子プロフィール

野中育子

きものプロデューサーとして独立。現在、東京を拠点に創作活動中。資格所持:着付、着方師範、着付士育成師

詳細はこちら

松井誠出版物

  • 無幻

    無幻

    (むげん)

  • 華 艶 舞

    華 艶 舞

    (はな つや まい)
    松井誠
    舞台衣裳集

ページの先頭へ戻る